木3共(木造3階建て共同住宅)を準耐火建築物で作る方法

建築基準法。

木3共は法文は複雑だけど、

まとめてみるとそうでもなくなる

木造3階建共同住宅を準耐火建築物で作る

 

これって実は結構難しい事をご存知ですか?

 

建築基準法第27条という条文がありまして、その内容だと木造3階建共同住宅は耐火建築物すべしという法文があります。

ただ、世の中にはたくさん木造3階建共同住宅でも準耐火構造で計画されているので、もちろん準耐火構造でも計画はできるのですが、

まぁ、法文を読むのが難しい。個人的に建築基準法で一番難しい法文だと思っています。

あの法文を解説書無しで理解する人は本当にすごいです。

 

そこで、解説に当たって、提案があります。

建築基準法第27条、読むのやめませんか?

そんなこと、建築基準法の解説する人が言っていいの?

いいんです!!

むしろ、法文を読まない方がわかりやすいんです!

それはなぜかというと、建築基準法第27条って告示や施行令に話振りすぎなんです。

あっちこっち読まないと結論に辿り着かないですし、途中で意味不明になります。(私もそうでした)

 

なので、たまには法令集を手放してみませんか。

そっちの方がスルスル理解をしていただけると思うのです。

(そうはいっても法文のどこの部分を説明しているのかも載せておきますので、参考にして下さい。)

 

実は木3共、法文はややこしくて難しいのですが、内容はそんなに難しくありません。

木3共を準耐火建築物にするポイントはたったの2つ。

この2つだけ適合させれば、木3共の基準は適合させる事ができます。

今回はそちらを紹介します。

 

ポイント①1時間準耐火建築物にすべし

耐火建築物にせよとは言いません。

1時間準耐火建築物にして下さい!(建築基準法施行令第110条)

 

1時間準耐火建築物ってなに?

どんな構造の事?

1時間準耐火建築物とは、言い方を変えるとイ-1準耐火建築物

通常だと45分準耐火なんだけどそれよりかは厳しくしなきゃいけないって事

通常、木造で準耐火建築物にするのであれば、イ-2である45分準耐火建築物ですが、

木3共の場合は少し上の性能が求められており、イ-1である1時間準耐火建築物にする必要があります。

 

木造で耐火建築物はかなりハードル高いですが、イ-1準耐火建築物、

つまり1時間準耐火建築物は木造でも計画可能な内容になっています。

構造の詳細な内容については省略しますが、平成27年国交告示第253号に記載がありますので、そちらを確認ください。

 

ポイント②避難計画の作戦を選択する

さて、重要なのはここから。

主要構造部を1時間準耐火建築物にするだけでなく、+αで避難計画を強化する必要があります。

(平成27年国交告示第255号第1 二号の内容です。)

 

さて、この避難作戦については

適合させるにあたって、作戦を選択してください!

作戦とは、どういう事でしょうか?

 

実は、この避難計画なんですが、適合させる方法が色々あります。

物件ごとに作戦を切り替える事によって、設計の自由度はかなり上がります。

 

具体的には、以下のような計画

もう、これだけです。(左側に書いてあるのは告示第255号第1 二号のどこの記載かの話)

この中から、作戦を選択するだけです。

組み合わせとしては、①③①④②③②④この4つですね。

 

たとえば、①③の選択をした場合は、避難上有効なバルコニー+3m通路の確保

②③の場合は、開放廊下、開放階段+3m通路の確保

となるのです。

簡単でしょ?

 

ふざけないでよ!3m通路を確保するなんて無理!

ほとんど、①or②と④のセットになるから、

避難上有効なバルコニー開放階段、開放廊下

上階延焼防止庇玄関扉に防火設備

フルセットになるじゃない!

もう、表を見てすぐわかった方もいると思うのですが、③の3m通路が取れない場合、④に適合させなければなりません。

その場合、①②の避難上有効なバルコニーと開放廊下、開放階段が必ずセットになっているので、④の選択の場合は①でも②でも変わりません。

でも、安心してください。

3m通路の確保については比較的簡単に確保できる裏技があります!

まぁ、裏技って言っても法文に書いてある事なんですがね。(笑)

こちらについては、話が少し脱線してしまうので以下の記事でまとめていますので、よかったら確認してください。

 

そこで、この作戦を選択するに当たって、注意点が2点あるので、そちらもご紹介させてください。

 

注意!避難上有効なバルコニーと開放廊下、開放階段の定義は基準法に書いてない

これ、書いてません、実は。

 

書いてあるでしょ!?と思った方、

避難上有効なバルコニーは建築基準法施行令第121条第1項第六号イ の2直の免除の話

開放廊下、開放階段は床面積に算入するかどうかの開放性の話

と勘違いしていませんか?

 

それは違います。

木3共の避難上有効なバルコニーと開放廊下、開放階段の基準は

もっとガバガバで緩いですよ!

ぶっちゃけ簡単、適合させやすいです

そちらについては、技術的助言で詳細の記載があります。

 

注意!念の為に確認したい、準防火地域、防火地域のときの追加項目

これは、そんなに困る事もないかも?しれないのですが、念の為に。

準防火地域、防火地域のときのみ、追加項目があります。

告示第255号第1 二号 ハの話です。

内容を要約すると、延焼ライン外であっても開口部に防火設備を設置せよという事。

 

通常だったら、延焼ライン内だけ防火設備にすればいいのですが、

こちらの条文より、延焼ライン外でも防火設備の設置が必要になります。

色々除ける項目があるので、詳細は困ったときに告示255号を確認すればOKです。

 

まとめ:木3共は条文は複雑だけど、まとめるとそうでもない

いかがでしたか?

慣れるまでは少し法適合確認に時間がかかるかもしれませんが、慣れれば、簡単ですよ。

 

ポイントをまとめると、

1時間準耐火建築物にする事

避難計画の選択を行なって、避難経路の確保をする

です。

 

マスターしてしまえば設計の自由度はかなり高くなります。

ぜひ、活用してみてください!

タイトルとURLをコピーしました