建ぺい率容積率

【車庫や備蓄倉庫の容積率緩和】係数や計算方法まとめ

容積率から除く事ができる用途があります。 でも、除く事ができる限度があるって知っていますか? 今回は『容積率の緩和』についての記事です。 もっと詳しく言うと、『容積率の対象から除かれ...
建ぺい率容積率

【ペントハウス】建築基準法における高さ制限について

ペントハウスは道路斜線、隣地斜線は当たってもいいですが、 北側斜線はダメです! この内容を建築基準法を基に確認してみましょう。 今回は『ペントハウス』の高さ制限についてです。 ...
一般構造

【階段の寸法】建築基準法で定められている幅員、蹴上、踏面について

階段の寸法は後から変更するのは難しい内容。 事前にしっかり数値を確認しよう! 階段の幅員、蹴上、踏面には建築基準法上で基準がありますが、 全ての建築物が一緒というわけではありません。 ...
一般構造

【階段手すり】設置が必要な法的根拠と手すりの高さの基準について

階段の手すりは必ず設置が必要なもの。 建築基準法で、もちろん規定があります。 どんな規定なのか確認しましょう。 階段には手すりが必要 というのは建築基準法で定めがあります。 ...
その他

木造3階建ての確認申請に必要な設備図の記載内容について

設備図ってどこまで作ればいいの?というのは結構悩ましい 今回はそんな設備図の話 確認申請には基本的に 設備図 の添付が必須です。 しかし、建築確認の特例が使える建築物(2階建の一戸建...
建築基準法。

日影の発散方式とは?裁判で負けた事があるって本当?理由は?

日影は、近隣クレームが起こりやすく、裁判が発生しやすい。 だから、裁判で負けない検討が必要。 そうなると、発散方式はオススメできない。 日影の検討方法は大きく分けて2つ。 閉鎖...
一般構造

採光計算で天窓は必ず“採光補正係数3倍”確保できる訳では無い

天窓は無条件で採光補正係数3倍になる訳ではありません。 あくまで、採光補正係数を取りやすいだけ! 採光 住宅などなら必ず確保しなければならない重要な条文です。 採光補正係数の算...
建築基準法。

がけ条例がかからない2m以内の高低差でも法第19条は確認が必要

建築基準法第19条ってすごい条文なんですよ。 何がすごいって基準が曖昧で。 高低差が2mを超えたら、がけ条例がかかる(建築地によっては3mのところもありますが) これは、設計者さんがしっ...
建築基準法。

木3共は3m通路を上手く利用して計画すると設計の自由度が上がる

建築基準法に詳しい人ほど、木3共では3m通路を確保する! なぜなら、それなりのメリットがあるから。 ◆こちらの記事で、木3共の設置基準をご紹介しています さて、上記記事にも出て来ましたが...
タイトルとURLをコピーしました