第3章:集団規定

建築基準法。

【道路斜線の後退緩和】高低差がある敷地は後退緩和は難しい!

道路と敷地の高低差がある場合は、後退緩和を使う時に 注意しなければいけない事があります! 道路斜線は緩和方法がたくさんありますよね。 例を挙げると、後退緩和、高低差緩和、天空率など。 ...
建築基準法。

【長屋と共同住宅の違い】長屋の方が法規制が緩いとは限らない

共同住宅より長屋の方が法規制は緩い!なんて安易に考えない方がいい! 今回は『長屋と共同住宅の違い』についての記事です。 長屋と共同住宅の違いは、ズバリ、共用部があるかどうかです。 共...
建ぺい率容積率

準防火地域内の準耐火建築物の建蔽率緩和で見落としたら即死する事

緩和を使うときに見落としてしまったら即死する内容について ご紹介します! さて、今回は『準防火地域内(防火地域内)に準耐火建築物で建蔽率緩和する時の注意事項』についての記事です。 2...
建築基準法。

【竪穴区画が必要な建築物】耐火構造でも設置すべし

耐火構造でも竪穴区画は必要です! その他、竪穴区画の話について徹底解説! 今回は『竪穴区画が必要な建築物』についての記事です。 竪穴区画は、階段や吹抜部分とその他の部分を区画しなけれ...
建築基準法。

単体規定と集団規定の違い。理解する為、法令集をぶった切れ!

『単体規定』と『集団規定』の区別は、 建築基準法をぶった切ればわかりやすくなりますよ! 建築基準法の法規制の中には、『単体規定』と『集団規定』があります。 ややこしい2つの違い、説明...
建ぺい率容積率

【車庫や備蓄倉庫の容積率緩和】係数や計算方法まとめ

容積率から除く事ができる用途があります。 でも、除く事ができる限度があるって知っていますか? 今回は『容積率の緩和』についての記事です。 もっと詳しく言うと、『容積率の対象から除かれ...
建ぺい率容積率

【ペントハウス】建築基準法における高さ制限について

ペントハウスは道路斜線、隣地斜線は当たってもいいですが、 北側斜線はダメです! この内容を建築基準法を基に確認してみましょう。 今回は『ペントハウス』の高さ制限についてです。 ...
建築基準法。

日影の発散方式とは?裁判で負けた事があるって本当?理由は?

日影は、近隣クレームが起こりやすく、裁判が発生しやすい。 だから、裁判で負けない検討が必要。 そうなると、発散方式はオススメできない。 日影の検討方法は大きく分けて2つ。 閉鎖...
建ぺい率容積率

一戸建て住宅に備蓄倉庫を設ける事で容積緩和可能か?

一戸建て住宅に備蓄倉庫を設けて、容積率をクリアさせる事は可能か? できない事はないです、法律上は。 備蓄倉庫は全体の床面積の1/50まで容積対象の延べ面積から除く事ができます。そこで...
タイトルとURLをコピーしました