そぞろ。

建築基準法。

主要構造部とは?用語の定義について【建築基準法第2条第1項第五号】

主要構造部とは、簡単に言うと建築基準法上において『防火的な面からみて主要』と考えられている建築物の部分となります。 それらの部分を一括りに、主要構造部として建築基準法では取り扱っており、この主要構造部に該当するかどうか?で、その建築物...
建築基準法。

耐火建築物とは?用語の定義について【建築基準法第2条第1項第九の二号】

耐火建築物とは、簡単に言うと高い防火性能を持つ建築物の事です。あくまで、『建築物の全体』を評価して、高い防火性能があるとされているものです。 今回は、耐火建築物の要件や条文について、解説していきたいと思います。 まずは法文を...
建築基準法。

建築物とは?建築基準法上の定義【建築基準法第2条第1項第一号】

建築基準法において、『建築物』かどうか?というのは、非常に重要です。それは、そもそも建築基準法は建築物に対してかかってくる法文だからです。 『建築物』であれば、全て建築基準法に適合させる必要があります。もちろん、確認申請も必要です。 ...
建築基準法。

【小屋裏の隔壁】建築面積300㎡超の建築物にかかる条文

今回は『小屋裏の隔壁』(施行令第114条第3項)についての記事です。 『建築面積300㎡以上』でかかってくる条文がある事をご存知ですか? 今回ご紹介する小屋裏の隔壁(令第114条第3項)は、上記の内容でかかってくる少しマ...
建築基準法。

【北側斜線の用途地域】中高層住居専用地域も北側斜線が存在する

今回は、『北側斜線の適用される用途地域』についてです。 突然ですが、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域にも、北側斜線の制限がある事を知っていますか? そんなの知らないし、今まで検討なん...
建築基準法。

【確認申請に必要な許可】地区計画、区画整理、開発許可は必須?

今回は『確認申請に必要な許可』についてです。 確認申請に『開発許可(都市計画法第29条)』や、『宅地造成区域許可(宅地造成等規制法第8条)』などの許可証の写しを添付した経験はありませんか? それは、確認済証の交付に必要な...
建築基準法。

【道路斜線の緩和①】2A、2道路緩和の使い方。水路公園の扱い

今回は『2A、2道路緩和の使い方、注意点』についての記事です。 2A緩和とは(施行令第132条より) 敷地に2以上の道路が接道している場合、すべての道路が一番広い道路の幅員でものであるものとみなす 仮に、6...
建築基準法。

【道路斜線の基本】計算式・検討方法について

今回は『道路斜線の計算式・検討方法』についての記事です。 道路斜線の検討は、実はかなり複雑です。 複雑な理由としては、建物形状、敷地形状、高低差、道路幅員、更には用途地域と、道路斜線の検討をするだけなのに、かなりの要素が...
建築基準法。

【2以上の直通階段】必要になるか緩和できるかは『階数』で決まる

今回は『2以上の直通階段』についての記事です。 避難規定の中でも、2方向避難する為に必要な超重要法文です。 こちらの法文が必要な建築物だと、文字通り、階段を2つ設置しなければなりません。 2以上の直通階段は、『5階...
タイトルとURLをコピーしました

Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/moccomoko23/kijunhou.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/footer.php on line 115