一般構造

一般構造

【住宅採光】採光補正係数が確保できなくても居室を作る方法

採光補正係数が取れないから、納戸に! なーんてしないで、合法的に居室を作ってみませんか? さて、狭小地の一戸建て住宅の計画で採光補正係数が確保できない時にみなさんはどうしますか? もう諦めて...
一般構造

【階段の寸法】建築基準法で定められている幅員、蹴上、踏面について

階段の寸法は後から変更するのは難しい内容。 事前にしっかり数値を確認しよう! 階段の幅員、蹴上、踏面には建築基準法上で基準がありますが、 全ての建築物が一緒というわけではありません。 ...
一般構造

【階段手すり】設置が必要な法的根拠と手すりの高さの基準について

階段の手すりは必ず設置が必要なもの。 建築基準法で、もちろん規定があります。 どんな規定なのか確認しましょう。 階段には手すりが必要 というのは建築基準法で定めがあります。 ...
一般構造

採光計算で天窓は必ず“採光補正係数3倍”確保できる訳では無い

天窓は無条件で採光補正係数3倍になる訳ではありません。 あくまで、採光補正係数を取りやすいだけ! 採光 住宅などなら必ず確保しなければならない重要な条文です。 採光補正係数の算...
一般構造

居室っぽい室を採光確保できず「納戸」申請するのってokなの?

採光確保できず、居室っぽい部屋を納戸で申請する事は、上手く行かない事があります。 居室っぽい部屋を確認申請では部屋名を「納戸」で申請している事があります。 (ここで言う、居室っぽいというのは、室の...
一般構造

採光には条文が3つもある。採光無窓=非常用照明の考えは危険!

採光無窓になったら非常用照明を設置すればいいか! その考え方はめちゃくちゃ危険です。 採光には3つの条文があり、それぞれ採光無窓になる条件も、制限内容も違います。正...
タイトルとURLをコピーしました