単体規定

屋外階段が木造がダメなのは建築基準法で定め有。しかし例外もある

屋外階段木造にしたいんだけど、駄目って言われた。どうして?

もし、計画する場合はどうしたらいいの?

こんなお悩みに対して法的根拠を元に解説していきます。

まずは結論からまとめてみると、

✔️建築基準法には、屋外階段は木造にしてはならないという法規がある

✔️ただし、全ての建築物に適用になる訳ではない

✔️適用になったとしても、木造階段を計画する事は可能

屋外階段は、確かに木造として計画する事が出来ません。

しかし、逃げ道はありますので、今回はわかりやすく解説します!

twitter:sozooro

では、早速内容を確認しましょう。

屋外階段を木造に出来ない法的根拠

その個体は建築基準法施行令第121条の2による規制です。

建築基準法施行令第121条の2

前2条の規定による直通階段で屋外に設けるものは、木造準耐火構造のうち有効な防腐措置を講じたものを除く。としてはならない。

このように、法文で定められています。

ただし、全ての建築物にかかる規制では無い

実は、先ほどご紹介した建築基準法施行令第121条の2ですが、実は全ての建築物にかかる規制ではありません。

もう一度法文を確認して見ましょう。『直通階段は』となっています。つまり、直通階段が不要な建築物は屋外階段を木造にする事が可能です。

なるほど!そもそも直通階段ってなんだっけ?
直通階段とは、建築基準法第35条に定められている建築物に必要な階段の事。

建築基準法第35条、つまり避難規定がかかる建築物は直通階段が必要です。よって、以下の建築物は屋外階段は木造にしなければならないですが、それ以外は法文上は木造にしなくてもokという事です。

建築基準法第35条の規制がかかる建築物

◆別表第1(い)欄(1)項から(4)項までに掲げる用途に供する特殊建築物

階数が3以上である建築物

◆政令で定める窓その他の開口部を有しない居室を有する建築物(無窓居室)

◆延べ面積が1,000m2をこえる建築物

と言う事は、木造2階建ての一戸建て住宅なら、

屋外階段を木造にしても良いって事ね!

そういう事です!

それでも、木造にしたいのであれば()書きを使う

でも、私が今計画している建築物は、2階建ての共同住宅だから、規制がかかりそう…

なんとか屋外階段を木造にする方法は無いかな?

それも可能です。

それは、法文を読めばわかります。もう一度、法文を確認してみましょう。

建築基準法施行令第121条の2

前2条の規定による直通階段で屋外に設けるものは、木造準耐火構造のうち有効な防腐措置を講じたものを除く。としてはならない。

そう、この()書きを満たせば、木造でも計画可能です。要件をまとめると

屋外階段を木造で計画する方法

以下2のどちらにも適合させる事

①階段部分を準耐火構造にする

②有効な防腐処理を講じたもの

整理してみると、簡単ですよね。

ところで、防腐措置って具体的にどうすればいいの?
鋭い質問ですね!

この有効な防腐措置の具体的な内容というのは、どこにも記載が無いのです。

決まっていないので、設計者さんの判断になるのが一般的ですが、曖昧なので申請先によっては認めていない事もあるようなのです。よって、木造で計画をしたい場合が事前に申請先に相談をした方がいいかもしれません。

まとめ:屋外階段を木造で作る事は可能ではある

今回の記事のポイントは、2つの観点から屋外階段だからといって必ず木造にする事でも無い、という説明をしました。

1つ目は法的に以下の建築物以外はそもそも、屋外階段を木造にしなければならばいという法文がかからない事

建築基準法第35条の規制がかかる建築物

◆別表第1(い)欄(1)項から(4)項までに掲げる用途に供する特殊建築物

階数が3以上である建築物

◆政令で定める窓その他の開口部を有しない居室を有する建築物(無窓居室)

◆延べ面積が1,000m2をこえる建築物

2つ目は、屋外階段を木造にしなければならない建築物でも以下の2つ条件を満たせば計画可能な事

屋外階段を木造で計画する方法

以下2のどちらにも適合させる事

①階段部分を準耐火構造にする

②有効な防腐処理を講じたもの

この辺りの法文をよく理解すれば、屋外階段を木造にする事も可能かもしれません。最後までありがとうございました!

当サイトで他の法文も確認する

ABOUT ME
そぞろ。
このサイトを作成している管理者。建築法規に関わる仕事をしています。難解な建築基準法をわかりやすく、面白く解説して、『実は簡単なんじゃないの?』と勘違いしてもらいたい。