高さ制限

建築基準法。

【道路斜線の後退緩和】高低差がある敷地は後退緩和は難しい!

道路と敷地の高低差がある場合は、後退緩和を使う時に 注意しなければいけない事があります! 道路斜線は緩和方法がたくさんありますよね。 例を挙げると、後退緩和、高低差緩和、天空率など。 ...
建築基準法。

日影の発散方式とは?裁判で負けた事があるって本当?理由は?

日影は、近隣クレームが起こりやすく、裁判が発生しやすい。 だから、裁判で負けない検討が必要。 そうなると、発散方式はオススメできない。 日影の検討方法は大きく分けて2つ。 閉鎖...
建築基準法。

2方向接道の道路斜線検討は緩和では無い!みなし規定です!違いは?

細かい事で申し訳ないのですが、2A緩和は緩和じゃないんです! 道路斜線の検討をする時に2以上の道路に接道している場合「2方向道路緩和」で検討するという事をお話しされる方がいます(業界の中では2A緩和と呼...
建築基準法。

天空率北側斜線が使えない法的根拠。その他抑えておくべき点

北側斜線の天空率は使えない事があります! 高度斜線は天空率は使えません! 法チェックの中でも重要項目である高さ制限。確認申請前には必ず検討する部分かと思います。道路斜線、隣地斜線、北側斜線、そして...
タイトルとURLをコピーしました