単体規定

【2以上の直通階段】必要になるか緩和できるかは『階数』で決まる

今回は『2以上の直通階段』についての記事です。

避難規定の中でも、2方向避難する為に必要な超重要法文です。

こちらの法文が必要な建築物だと、文字通り、階段を2つ設置しなければなりません。

 

2以上の直通階段は、『5階以下』と『6階以上』で大きな差があります。

それは設置が必要な建築物だけでなく、緩和が使えるかどうかという点も大きく異なってきます。

 

今回の記事では5階以下なのか、6階以上なのかを軸に

①2以上の直通階段が必要な建築物

②緩和できる条件

についてご説明します。

 

2以上の直通階段が必要な建築物について

まずは法文から

 

建築基準法第121条 2以上の直通階段を設ける場合

建築物の避難階以外の階が次の各号のいずれかに該当する場合においては、その階から避難階又は地上に通ずる2以上の直通階段を設けなければならない。

 劇場、映画館、演芸場、観覧場、公会堂又は集会場の用途に供する階でその階に客席、集会室その他これらに類するものを有するもの

 物品販売業を営む店舗(床面積の合計が1,500m2を超えるものに限る。第122条第2項、第124条第1項及び第125条第3項において同じ。)の用途に供する階でその階に売場を有するもの

 次に掲げる用途に供する階でその階に客席、客室その他これらに類するものを有するもの(5階以下の階で、その階の居室の床面積の合計が100m2を超えず、かつ、その階に避難上有効なバルコニー、屋外通路その他これらに類するもの及びその階から避難階又は地上に通ずる直通階段で第123条第2項又は第3項の規定に適合するものが設けられているもの並びに避難階の直上階又は直下階である5階以下の階でその階の居室の床面積の合計が100m2を超えないものを除く。

 イ キャバレー、カフェー、ナイトクラブ又はバー

 ロ 個室付浴場業その他客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業を営む施設

 ハ ヌードスタジオその他これに類する興行場(劇場、映画館又は演芸場に該当するものを除く。

 ニ 専ら異性を同伴する客の休憩の用に供する施設

 ホ 店舗型電話異性紹介営業その他これに類する営業を営む店舗

 病院若しくは診療所の用途に供する階でその階における病室の床面積の合計又は児童福祉施設等の用途に供する階でその階における児童福祉施設等の主たる用途に供する居室の床面積の合計が、それぞれ50m2を超えるもの

 ホテル、旅館若しくは下宿の用途に供する階でその階における宿泊室の床面積の合計、共同住宅の用途に供する階でその階における居室の床面積の合計又は寄宿舎の用途に供する階でその階における寝室の床面積の合計が、それぞれ100m2を超えるもの

 前各号に掲げる階以外の階で次のイ又はロに該当するもの

 イ 6階以上の階でその階に居室を有するもの第一号から第四号までに掲げる用途に供する階以外の階で、その階の居室の床面積の合計が100m2を超えず、かつ、その階に避難上有効なバルコニー、屋外通路その他これらに類するもの及びその階から避難階又は地上に通ずる直通階段で第123条第2項又は第3項の規定に適合するものが設けられているものを除く。

 ロ 5階以下の階でその階における居室の床面積の合計が避難階の直上階にあつては200m2を、その他の階にあつては100m2を超えるもの

 

 

一覧にしてまとめてみた

まとめると、『2以上の直通階段が必要な建築物』は以下のようになります。

このように、2以上の直通階段の設置基準は『5階以下』と『6階以上』で天と地との差があります。

『6階以上はどんな建築物でも階段が2つ必要だけど5階以下は用途や規模によっては階段が2つ必要』

となります。

 

2以上の直通階段の緩和について

続けて、『緩和』についてです。

先ほどの表を確認していただきたいのですが、』が付いている箇所が緩和可能です。

逆に、が付いていない箇所は必要になったら絶対に必要です。つまり緩和ができません。

 

だから、

『6階以上は必要になっても緩和可能な場合があるけど、

5階以下は必要になったら何がなんでも絶対に階段は2つ必要(エッチな店を除く)』

となるのです。

 

そして、緩和する条件としては、以下のようになります。

の部分で2以上の直通階段を緩和する3つ条件〉

  • 各階の居室の床面積が100㎡以下
  • 避難上有効なバルコニーを設ける
  • 屋外避難階段、特別避難階段 いずれかを設ける

これらをすべて満たす必要があります。

 

ここで、やってしまいがちなミスは『屋外避難階段、特別避難階段』です。

つまりこちらは建築基準法施行令第122条に出てくる階段なのですが、この第122条にも緩和の条文があります。

しかし、この第122条の緩和をすれば、2以上の直通階段の免除の避難階段もいらないという勘違いをする方が多いですが、これはできません。

2以上の直通階段の免除をしたいのであれば、絶対に避難階段は必要です。

 

まとめ:2以上の直通階段は『5階以下』と『6階以上』で大きな差がある

2以上の階段が必要な建築物

『6階以上はどんな建築物でも階段が2つ必要だけど、

5階以下は用途や規模によっては階段が2つ必要』

 

2以上の階段の緩和

『6階以上は必要になっても緩和可能な場合があるけど、

5階以下は必要になったら何がなんでも絶対に階段は2つ必要(エッチな店を除く)』

ABOUT ME
そぞろ。
このサイトを作成している管理者。建築士。建築法規に関わる仕事をしています。難解で堅苦しい建築基準法を、面白くわかりやすく伝えていきます!