木造3階建て共同住宅(木3共)の開放廊下、開放階段の定義について

建築基準法。

木造3階建共同住宅開放廊下と開放階段の定義は、

少し特殊なルールが設けられています

木造3階建の開放廊下、開放階段は建築基準法上に定義がない、というのは知っていますか?

え!?そんな事ないでしょ!と思った方は、もしかしたら、別の開放廊下、開放階段の定義とごっちゃになっている可能性があります。

木造3階建共同住宅の開放廊下、開放階段は正直、そんなに厳しくありません。

今回は、木造3階建共同住宅の開放廊下、開放階段の定義と、基準法の別の開放廊下、開放階段の定義の違いをまとめてみました!

木造3階建共同住宅の計画方法は以下の記事で解説しています。

開放廊下、開放階段の定義は技術的助言にある

冒頭で、木造三階建共同住宅の開放廊下、開放階段の定義は建築基準法にはない

とご説明しました。

では、どこにあるかというと、技術的助言の部分です。

 

建設省住指発第225号、建設省住街発第94号(国交省のHPで確認

(中に出てきている条文が法改正前の話をしてますが、開放廊下、開放階段の定義は変わっていません)

 

こちらを参考に、木造3階建共同住宅の開放廊下と開放階段の定義と、間違えやすい他の開放廊下、開放階段の定義を見てみましょう!

 

開放階段の定義について

では、技術的助言より、開放階段の定義は以下の内容です。

階段にあっては、階段の各階の中間部分に設ける直接外気に開放された排煙上有効な開口部で、次に掲げる基準に適合するもの
1) 開口面積が二平方メートル以上であること。
2) 開口部の上端が、当該階段の部分の天井の高さの位置にあること。ただし、階段の部分の最上部における当該階段の天井の高さの位置に五〇〇平方センチメートル以上の直接外気に開放された排煙上有効な換気口がある場合は、この限りでない。

文字だけだと、分かりずらいので、図解してみました。

また、皆さんが開放階段の定義で勘違いしやすい、『床面積が不参入になる開放階段』との比較をしてみましょう。

木造3階建共同住宅の開放階段 床面積が不算入になる開放階段

いかがですか?木造3階建の開放階段の方が基準が緩いですよね?

もし、左の開放階段の計画だと、木造3階建共同住宅の開放階段には合致するけど、床面積には算入するという事になります。

 

開放廊下の定義について

技術的助言より、木造3階建共同住宅の開放廊下の定義は以下のとおりです。

廊下にあっては、外壁面に直接外気が流通する高さ一メートル以上の開口部が火災時の煙を有効に排出できるように適切に設けられているもの

 

さて、一方で皆さんが勘違いしやすい『床面積が不算入になる開放廊下』の定義と、比較してみましょう!

木造3階建共同住宅の開放廊下  床面積が不算入になる開放廊下

階段程の違いはありませんが、やはり木造3階建共同住宅の開放性の方が緩いですよね。

 

もっとわかりやすく勉強したいなら!

せっかくなら、ブログの記事だけではなく、ちゃんとした参考書で確認したいですよね?

そこで、おすすめなのが、

『木造建築物の防・耐火設計マニュアル -大規模木造を中心として-』

こちらがよくまとまっていてオススメです。

amazonなどでは販売していないので、日本建築センターのHPから購入してください。

 

まとめ:木造3階建共同住宅の開放階段、開放廊下の基準は緩い

基準を確認してみると、想像していたより緩かった!という方もいるのではないでしょうか。

床面積の開放性とは違う、というのは抑えておくべきポイントだと思います。

 

あとは、階段部分の中間部とはどの部分に設けるべきなのか?とか、

開放廊下にやむを得なく耐力壁を入れてもいいのか?とか、

細かい内容については申請先に確認してみて下さい。

こればっかりは、主事によって判断が分かれてくると思います。

タイトルとURLをコピーしました