路地状敷地の場合の非常用進入口(代替進入口)の設置方法

建築基準法。

路地状敷地の場合は道路に面するという扱いで進入口を設ける事が一般的!

代替進入口には道路に面する作戦と4m通路に面する作戦があります。(わからない方はここ

路地状敷地とは一般的に4m以上の接道がない場合がほとんどなので、4m通路作戦は使えません。そこで、道路に面する作戦で検討されるのが一般的

な  の  で  す  が  、

適用するには以下のようないくつかの条件が設けられています。

①道から進入口までの延長長さが20m以下
②建築物の階数が地階を除く3階建て
特殊建築物以外
④道から進入口が目視可能
では、一つ一つ内容を確認してみましょう。

 

道から進入口までの延長長さが20m以下

路地状部分の距離ではなく、進入口までの距離

路地状敷地というと、路地状の長さ というのは県条例で制限が出てくるので非常に重要です。路地状敷地についての記事はこれ

ただし、代替進入口の場合に重要となるのは、進入口までの距離となります。

 

これは、落とし穴でもあり逆手に取って利用する事もできます。

例を挙げると、以下のような計画です。

路地状部分は20mを超えていますが、建物を路地状部分に建てる事によって、進入口から道までは20m以下なので代替進入口としてはokです。

ちなみに、この20m以下の距離はバルコニーまでの距離でもokです。

 

建築物の階数が地階を除く3階建て

4階建て以上の建築物には適用できません。

非常用進入口自体がそもそも2階建て以下は必要ではないので、3階建てしか適用できないという事になります。

 

特殊建築物以外

これ重要です。特殊建築物については、適用できません。

一戸建て住宅や事務所はokですが、共同住宅は❌です。

 

道から進入口が目視可能

進入口 か 進入口があるバルコニーが見えればok

このように、道から進入する箇所が見えればokです。

進入口の開口部だけでなく、バルコニーだけ目視可能でも認められています。

 

ただ、程度があります。そこは申請先との調整が必要です。

例を挙げると

これ、道路から実際見えると思いますか?

角度がかなりあるので、道に立った時に進入口の確認できるのでしょうか?

 

このように、どの程度目視できればいいのか?というのは明確には定めはありません。よって、申請先に確認する必要があります。

各行政庁の取り扱いを見ると、有効750㎜以上は見えていないといけない、というのが一般的です。

 

まとめ:実際の消火活動を想像して検討すべし

ここまで条件をいろいろご説明しましたが、実際に消火活動をする場合の事を考えるとわかりやすいです。

例えば、20m以下というのは、消防車のはしごが到達できる範囲と考えられます。4m通路が確保できていないので、消防車が敷地内に進入できないと想定されいます。道路に駐車してそこからはしごを伸ばして進入口に進入します。

なので、バルコニーまでの距離でokとしているんでしょうね。

今日ご説明した内容の詳細については『建築物の防火避難規定の解説2016 P99』で確認を!

その一、道から進入口までの延長長さは20m以下、バルコニーを伸ばして20m以下でもok
その二、建築物の階数は3階のみ。4階以上は適用できない 
その三、特殊建築物以外、つまり一戸建てや事務所などのみ 
その四、道から進入口で目視ができる計画、どの程度目視が求められるかは申請先に確認を
タイトルとURLをコピーしました